みんなどうしてる?やっぱり脱毛サロンのほうがいいの?

抜く、剃るなど、ムダ毛を処理する方法は何種類にも分類されています。ですが、毛質や部位によっては適さない自己処理方法もあり、ムダ毛処理を使い分けるわずらわしさから脱毛サロンに通い始める方もいます。現在脱毛サロンに通っている人たちが何をきっかけに脱毛サロンに通うようになったのか、主な理由について紹介していきます。

 

自己処理派のムダ毛処理方法

脱毛サロンに通ってみたいと考えてはいるものの、時間が無いなどの理由からなかなか決心がつかない方がいます。では、そのような方はどのような方法でムダ毛処理を行っているのでしょうか?部位ごとの脱毛方法についてご紹介しましょう。

 

最も多いのはシェーバー派です。また、低刺激性の除毛クリームで処理している方もいますが、低刺激性とはいえ除毛クリームにはケラチン(ムダ毛のタンパク質成分)を溶かす成分が配合されているため、目の中に入るなどのトラブルを回避することを考えるのであれば、あまりおすすめできない方法です。

 

手足

圧倒的に多いのはシェーバー派です。手足は広範囲なムダ毛処理が必要になることが多く、一度に広範囲を処理できるシェーバーが人気というわけです。

また、毛量が多くてシェーバーでは処理が追い付かないという方は、シェーバーの合間にワックス処理を入れている方もいます。

 

毛抜き派、ワックス派、除毛クリーム派と、処理方法にバラツキがみられるのが脇です。もちろん、シェーバー派もいるにはいますが、脇の下のカーブ部分は剃り残しが起こりやすい部分であるため、それを避けるためにシェーバーを敬遠している方が多いということです。

 

VIO

家庭用フラッシュ脱毛器を使用している方が多い部位ですが、IOラインには粘膜がありますので、できれば自己処理は避けるべきでしょう。

また、ワックス派も多いですが、生え始めがチクチクして不快という理由から、ワックス+シェーバー派も大勢います。

 

脱毛サロンに通うようになったきっかけは?

ムダ毛の自己処理は全般的にコスパが良く、お好きなタイミングで行うことができるというメリットがあります。ですが、さまざまな理由によって脱毛サロンに通い始める方が少なくありません。そこで、よくある理由をまとめてみました。

 

こまめな処理が面倒

自己処理はどの方法でもこまめな処理が必要になりますので、その煩わしさから脱毛サロンに切り替える方は大勢いるようです。

 

色素沈着が出来た

シェーバーなどで表皮に刺激を与え続けると、その部分に色素沈着が出来ることがあります。特にVラインに色素沈着が起こると水着の着用時に目立ちますので、それを避けるためには脱毛サロンに任せてしまうのがベストな方法です。

 

処理後の赤いポツポツが目立つ

毛抜きやワックスでムダ毛を抜くと、毛穴と周辺組織に大きな負担がかかり、一時的に赤いポツポツができることがあります。

この状態は通常であれば数日後には治まりますが、毛穴が受けたダメージが大きすぎた場合では出血してしまうことがありますので、これを避けるためには毛穴への刺激が少ない脱毛サロンのフラッシュ脱毛がおすすめです。

 

脱毛サロンの安いキャンペーンを見つけた

これも脱毛サロンに切り替えるきっかけになります。脱毛サロンは施術料金が高いというイメージーで捉えていても、安いキャンペーンを見つけたらプロの施術を受けてみたいと考えて当然です。

また、多くの脱毛サロンには安価な体験メニューが用意されていることもあり、これがきっかけで脱毛サロンに通い始めたという方も大勢います。

 

これなら続けられる!フラッシュ脱毛をご紹介!

「脱毛サロンってわざわざ通うのってめんどうじゃない?」と思う方がいるかもしれません。

ですが、脱毛サロンは頻繁に通う必要はなく、2カ月に1回が平均的なペースとなっています。

これは、毛周期に合わせて照射する必要があるためですが、1回目よりは2回目、2回目よりは3回目と、施術の回数を重ねるうちに、どんどんムダ毛の再生力が弱って自己処理の回数が減っていきます。

つまり、自己処理をこまめに行い続けるよりも、はるかに効率よくムダ毛処理を行えるのがフラッシュ脱毛だということです。

それでも、脱毛サロンのお世話になるのが初めてという方にとっては、脱毛サロンに通うことに対してさまざまな不安がつきまとうかもしれません。

ですが、実際に通ってみたらやって良かったと感じるのがフラッシュ脱毛ですので、まずは脱毛サロンでカウンセリングを受けてみて、フラッシュ脱毛の効果などについての細かい説明を受けてみてはいかがでしょうか。

体験を受けることができる脱毛サロンなのであれば、フラッシュ脱毛とはどのようなものか知るためにも、ひとまず体験を受けてみると良いでしょう。