自己処理どうしてる?みんなの脱毛事情をご紹介!

ムダ毛を自己処理していると、「この脱毛方法って本当に合ってるのかな。」という疑問が生じることがありませんか?処理残しがあったりお肌を傷めたりと、なにかとトラブルが多い自己処理ですが、みんなはどうやってうまく自己処理をしているのでしょうか?

みんながやってる自己処理方法やリスクについて考えてみましょう。

みんながやってるムダ毛の自己処理方法

それではまず、みんながやってるムダ毛の自己処理方法や、それぞれにどのような特徴やメリット・デメリットがあるのかご紹介してみましょう。

除毛クリーム

チオグリコール酸カルシウムなどのアルカリ成分によって、ムダ毛の主成分のケラチンを溶かす方法が一般的です。この方法は、ムダ毛が気になる部分にクリームを塗って短時間放置、あとは洗い流すだけというお手軽さです。

その上、広範囲にも対応することができますので、時間的な余裕がない方に向いているムダ毛処理方法だといえるでしょう。

ところがその一方で、チオグリコール酸カルシウムにお肌が強く反応すると、炎症や痒みが起こることがあるというデメリットがあります。

シェーバー

目立つムダ毛をその場でサッと処理できる方法で、除毛クリームに次いで高い人気を誇っています。

この自己処理方法は、1台シェーバーを購入してしまえば、その後にはシェービングジェルやクリーム代しかかかりませんので、非常にコスパが良い方法だといえるでしょう。

ところが、シェーバーは見た目に反してお肌への刺激が強く、表皮の角質を削り取ってしまう可能性があり、乾燥肌の原因になることがあります。

ワックス

ムダ毛を根こそぎ引き抜く方法で、一度自己処理をすれば、その効果が長続きするというメリットがあります。

ですが、この方法もまたワックスを剥がす際に表皮を傷付けることがあり、それと同時に毛穴もダメージを受けるため、続けて行っているうちに埋没毛が起こる可能性があります。

除毛ローション

直接ムダ毛を処理する方法ではなく、抑毛成分を毛穴の奥に浸透させることによってムダ毛の成長を送らせる効果を期待できます。

この方法は、単独ではムダ毛処理効果をほとんど期待することができず、除毛クリームやシェーバー、ワックス処理後に向いています。

脱毛石けん

脱毛石鹸と命名されてはいても、実際には石けん成分で脱毛できるということはなく、石けんに配合されているチオグリコール酸カルシウムなどの成分によって除毛できる方法です。

この方法は、除毛クリームよりもお肌に与える刺激が弱いというメリットはありますが、石けんという性質上、除毛を望んでいない部分に成分が流れてしまうと、その部分まで除毛してしまう可能性があるというデメリットがあります。

ムダ毛の自己処理はリスクを伴う!?

自己処理によるムダ毛処理にはメリットもデメリットもありますが、それだけではなく、リスクを伴うということも忘れてはなりません。

上記でご紹介した中の、抑毛ローションや脱毛石けんはお肌への刺激がそれほど強くはありませんので、リスクを伴う心配はほぼないでしょう。

ですが、除毛クリーム、シェーバー、ワックスで自己処理する際には、多かれ少なかれリスクを伴います。

では、これらの方法にはどのようなリスクを伴うのでしょうか?

埋没毛

最も埋没毛が起こりやすいのがワックスによる自己処理ですが、シェーバーで表記に刺激を与え続けることによって埋没毛が起こることがあります。

埋没毛は、ワックスやシェーバーで1回処理したくらいでは起こることがほとんどありませんが、表皮や毛穴に何度も刺激を与え続けていると自己防衛機能によって表皮が硬くなり、毛穴を塞いでしまうことがあります。

毛穴が塞がれてしまったら、ムダ毛が外部に出られなくなって皮下で伸び続けることになります。

すると、皮下のムダ毛によって表皮が盛り上がったり黒ずんで見えたりすることがあります。

埋没毛によってはピンセットなどで引っ張り出すこともできますが、表皮が硬くなりすぎてしまった場合では、皮膚科で皮膚を切開するなどしてムダ毛を出さなくてはならなくなることもあります。

つまり、ワックスやシェーバーによる自己処理は、あまり頻繁に行わないことがベストだということです。

色素沈着

除毛クリーム、シェーバー、ワックスともに、お肌に刺激が加わる自己処理方法です。

そのため、長年に及ぶこれらの自己処理でお肌に刺激を与え続けていると、その部分に色素沈着が起こることがあります。

ひとたび色素沈着が起こると、その改善には長時間を必要としますので、なるべく色素沈着を起こす可能性が低い方法でムダ毛処理をしておきたいものです。

合理的な方法は脱毛サロン

自己処理であっても、なるべくお肌に刺激を与えないように注意すれば、埋没毛や色素沈着が起こる確率は低くなります。

ですが、多少なりともこのようなリスクを伴うのであれば、埋没毛や色素沈着といったリスクを伴わない、脱毛サロンでムダ毛処理をするという方法が最も合理的でおすすめできます。

脱毛サロンでは様々な最新技術で脱毛が行われています。例えばフラッシュ脱毛は、弱い光を毛根部分に照射させて毛根組織を弱らせるムダ毛処理方法ですが、光の照射時にお肌が受ける刺激が弱く、それによって埋没毛や色素沈着が起こる可能性が低いというメリットがあります。自己処理をしていて肌トラブルが気になった方にはおすすめと言えるでしょう。

その他にもSHR脱毛、IPL脱毛など方法はたくさんあります。

この自己処理方法って合ってるの?という疑問を少しでも感じたのであれば、自己処理だけに頼るのではなく、脱毛サロンに通うことも検討してみてはいかがでしょうか。