脱毛サロン・医療脱毛・セルフ脱毛の違いやメリット・デメリットを徹底比較!

暖かくなり始め、そろそろ薄着になる季節に備えて脱毛を検討している人も多いはず。しかし、脱毛にも種類が様々あり、どれが自分に合っているのか悩みますよね。本サイトでは最近人気の「脱毛サロン」、高い脱毛効果で人気の「医療脱毛」、手軽に行える「セルフ脱毛」についてそれぞれの違い、メリットデメリットをご紹介していきます。

脱毛の種類による違い

脱毛の種類によって行っている脱毛方法が異なっています。それぞれの違いと取り扱っている脱毛方法を表で比較してみました。

脱毛の種類 それぞれの違い 取扱う脱毛方法
脱毛サロン 痛みが少なく、安価に行える 光脱毛
医療脱毛 多少痛みがあるが、脱毛効果が高い。高額なところが多い 医療レーザー脱毛

ニードル脱毛(針脱毛)

セルフ脱毛 手軽に自身で行えるが、肌への負担が大きい 毛抜き、家庭用脱毛器、ブラジリアンワックスなど

脱毛サロン施術の特徴

SSC脱毛やフラッシュ脱毛など脱毛サロンによって名前は異なりますが主に光脱毛を行っているところが多く、痛みが少ないのが魅力です。永久脱毛ではなく美容脱毛のため毛を完全に生えなくするのではなく、生えてくる毛を「うぶ毛」のような状態にするのが目標の脱毛方法です。脱毛時に使用するジェルに美肌成分や痩身成分が含まれているものもあり、脱毛だけではなく美肌などの効果も併せて目指すこともできます。

医療脱毛施術の特徴

医療脱毛では毛根に針をさし、電流を流し毛根を破壊していく「ニードル脱毛」と近年の医療脱毛の主流となっている「レーザー脱毛」があります。どちらの方法でも脱毛効果が高いのが魅力的です。ニードル脱毛は毛穴1つ1つへ処理が必要で施術時間が長く、強い痛みと高額なことがデメリットとしてあり、先に述べたように「レーザー脱毛」が主流となりつつあります。

しかし、近年医療レーザー脱毛が普及したことにより光脱毛に比べると少し痛みが強い医療レーザー脱毛ですが、高い脱毛効果が魅力となって人気が高くなってきています。また、施術を受けるクリニックによっては麻酔を行ってくれるところもあるため、痛みに弱い人でも通い続けることができるようになっていることも人気の理由の1つです。

セルフ脱毛施術の特徴

言葉の通り、自身でムダ毛の処理を行う脱毛方法です。気になったときに自身で手軽に行うことができます。近年は家庭用脱毛器なども多く販売されています。サロンやクリニックに通う煩わしさを感じずに家で手軽に光脱毛が行えるため家庭用脱毛器の人気も高まっています。その他にも脱毛テープやブラジリアンワックスなど自身の生活スタイルや好みによって脱毛方法を選ぶことができます。

各脱毛種類のメリット、デメリット

それぞれの脱毛方法のメリットとデメリットを表にしました。

メリット デメリット
脱毛サロン 全国にいろんな脱毛サロンがあるので通いやすい 施術者に資格が必要ないので肌トラブルが心配
営業時間が長い 長期間通う必要がある
安価 予約が取りにくいサロンもある
脱毛効果以外も併せて期待できる
医療脱毛 髙い脱毛効果が期待できる 診療時間が短かったり、土日休診のところもある
肌トラブルなどの際に迅速に対応してもらえる 痛みが多少ある
肌の色に関係なく施術が可能 光脱毛と比べると高額な場合が多い
セルフ脱毛  気になったときに処理ができる 肌などへの負担が大きい
 人目を気にせずに脱毛が可能 肌トラブルのリスクが高い
 さまざまな脱毛方法を選んで行える 背中など自分では行えない部分がある

それぞれにメリットとデメリットがある

脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロンの場合は営業時間が長く、安価である点はメリットと言えるでしょう。そして全国各地にあることで通いやすさが好評のポイントです。痛みが少ない点も人気理由の1つです。

しかし、その一方で土日祝日や夜間の時間帯が特に人気の脱毛サロンでは予約が取りにくくなってしまっていることもあるようです。人気の取りやすさを売りにしている脱毛サロンもありますので、是非調べてみてください!また毛周期を考慮してある程度期間を空けながら長期間通い続ける必要がありますので、注意が必要です。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛では高い脱毛効果のある施術が受けられ、永久脱毛でツルツルにしたい人にはオススメです。また医師が常駐しているため万が一肌にトラブルがあったときも安心なのがメリットと言えるでしょう。

しかし、費用が光脱毛と比べると高いことや痛みが少しあること、土日や夜間に診療を行っていない場合もあるのがデメリットです。

セルフ脱毛のメリット・デメリット

気になったときに人目を気にせずに自身で脱毛が行えるのが魅力です。家庭用脱毛器ではサロンに通うことなく光脱毛の効果を得ることができ、手軽でポピュラーな脱毛方法と言えるでしょう。

一方、適切な照射頻度、パワー設定を見極めることが難しく赤みやかゆみなどの肌トラブルが起きてしまうリスクがあります。また、自身では行えない部位があることや1度で処理できる範囲が狭いため脱毛に時間を要することもデメリットです。

脱毛方法の比較まとめ

各脱毛方法にメリット・デメリットがあります。生活スタイルや予算、脱毛完了の希望時期などから脱毛方法を選んでみてください。脱毛サロンやクリニックでは無料カウンセリングや脱毛体験を行っているところもあるので、まず一度無料カウンセリングに行ってから検討するのもおすすめです。ご自身に合った脱毛方法でストレスなくムダ毛のないキレイな肌を手に入れてみませんか。