SHR脱毛ってどんな方法?特徴やメリット、注意点をご紹介!

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛という光を用いた方法で脱毛することができます。

ですが、数種類に分類されている光脱毛はどれも同じではなく、それぞれに異なった特徴を持っています。今回はSHR脱毛について、その特徴やメリット、どのような人に向いているのかお伝えしていきます。

SHR脱毛の特徴とメリットは?

フラッシュ脱毛は、IPL方式、S.S.C方式、SHR方式に分類され、IPL方式S.S.C方式が光を毛根組織めがけて照射するのに対し、SHR方式では毛根組織ではなく、毛根組織の深い部分よりもやや浅い場所にある「バルジ領域」という部分に光を照射するという特徴があります。

「バルジ領域」はムダ毛を生成する、いわばムダ毛の工場のような場所です。この部分を光でダイレクトに攻めることが脱毛につながります。このように、「バルジ領域」に光を照射する脱毛は蓄熱方式とも呼ばれ、お肌への刺激が非常に少ないというメリットがあります。

また、毛根組織に光を照射するIPL方式やS.S.C方式では毛周期に左右されるというデメリットがありますが、SHR方式は毛周期に左右されることなく受けることができますので、短期間で脱毛を完了させることができるというメリットもあります。

さらに、IPL方式やS.S.C方式の場合では日焼け肌に光を照射することができず、また、顔の産毛のようにムダ毛の色素が薄い部分に対する光の反応が弱いという特徴がありますが、SHR方式では日焼け肌OK、ムダ毛の色素に関係なく脱毛できます。

SHR脱毛を受ける際の注意点

フラッシュ脱毛は、どの方法であってもムダ毛のメラニン色素の存在が必要ですので、ご自身で前処理を行う際には、毛抜きではなく、シェーバーを使用する必要があります。ここで、毛根組織に光を照射しないSHR方式でも毛抜きはダメなの?という疑問が持ち上がってきますよね?

確かに、SHR脱毛は毛根組織めがけて光を照射する方法ではありませんが、光には黒い色素を頼りに進むという性質がありますので、目的部分に色素がまったくなければ反応が弱くなることは必須で、脱毛効果も薄れます。

そしてもうひとつ、毛抜きの使用で最も問題となるのが、毛根組織だけではなく、毛穴全体とその周辺に大きなストレスがかかるという点です。どれほどお肌への刺激が弱いSHR脱毛であっても、光で皮下組織に刺激を加えるという部分ではIPL方式やS.S.C.方式となんら変わりありません。したがって、SHR脱毛を受けるのであれば、他のフラッシュ脱毛と同様にお肌や毛根組織をいたわる必要がありますので、事前処理は比較的お肌への刺激が少ないシェーバーを用いるのがベストな方法ということになります。

 

また、日焼け肌OKと聞くと、SHR脱毛直前に日焼けしても大丈夫…と考えてしまうかもしれませんが、これもNGです。というのは、日焼けでお肌の色が変わるという部分が問題なのではなく、紫外線によって脱毛直前のお肌がダメージを受けるという部分が問題だからです。特に春と夏にはお肌に瞬間的に大きなダメージを与える紫外線B波の放射量が増えますので、SHR脱毛前にはできる限り紫外線からお肌を守り、ベストコンディションで脱毛を受けたいものです。

光脱毛は医療レーザーよりもお肌への刺激が少ないとはいわれていますが、それでもお肌が受ける刺激がゼロではありません。SHR脱毛を受ける際には、事前に毛抜き処理をしないこと、直前に日焼けをしないこと、この注意点だけはしっかりと守りましょう。

SHR脱毛はこのような人におすすめ!

SHR脱毛は、産毛脱毛にも適している方法ですので、なるべく早く顔脱毛を済ませたいという方に最もおすすめと言えます。また、SHR脱毛はフラッシュ脱毛の中では最もお肌への刺激が弱く、痛みをほとんど感じることがありませんので、痛みに弱い方にもおすすめできます。

ただし、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある方の場合では、自己判断でSHR脱毛を受けてしまうと症状が悪化する可能性が広がりますので、必ず事前に皮膚科医に相談し、SHR脱毛の可否を確認しておく必要があります。

まずは無料カウンセリングを

SHR脱毛がどのような脱毛方法なのかご理解いただけたでしょうか。SHR脱毛は、従来のIPL脱毛やS.S.C.脱毛の欠点をカバーした優れた脱毛方法です。

特に、フラッシュ脱毛を受けてみたいけど痛みが怖いという方にとっては、まさに願ったりかなったりの脱毛方法といっても過言ではないでしょう。

SHR脱毛を導入している脱毛サロンは全国的に店舗数が少ないというデメリットはありますが、SHR脱毛のメリットの部分を考えるのであれば、少々遠方に足を伸ばしてでも受けてみる価値はあるはずです。

SHR脱毛にご興味をお持ちの方は、ひとまずSHR脱毛を導入している脱毛サロンを見つけ出し、気軽にカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。