脱毛サロンでの失敗事例、トラブル事例

肌の露出も増える薄着になる季節は、ムダ毛が気になりますよね。脱毛サロンの利用者は年々増加し、最近では高校生や未成年も通うようになりました。また主婦層や高齢者といった幅広い世代までも脱毛サロンに通っており、脱毛サロンの需要は高まっています。人気が高まる一方で、脱毛サロンのトラブルも増えています。メリットも多い脱毛ですが、安心して脱毛サロンに通うためにもどんなトラブルが起きやすいのか、脱毛サロンの選ぶ時の基準も大切です。

今回は脱毛サロン選びで失敗しがちな例や、口コミに多い脱毛トラブルから、自分に合った脱毛サロンの選び方を探っていきましょう。

脱毛サロン選びを失敗したと思った理由は?

口コミで参考に、脱毛サロン選びに失敗したと思った理由で目立ったものを以下にまとめてみました。

・事前の説明が不十分だった…。
・肌トラブルが起きてしまった。
・予約が全然入れられない。
・予定外のプランや、商品購入を強く勧められた。
・予算を大幅に超えてしまった

その他にも、衛生管理がひどくタオルがボロボロだった…など、店内の様子に関する口コミも見られました。肌のお手入れをプロの手に委ねる時は、リラックスしながら安心して施術を受けたいですよね。今度は失敗してしまった例を詳しく見てみましょう。

脱毛サロン選びで多い失敗事例

脱毛サロン選びで失敗してしまったと感じる人は、脱毛または脱毛サロンに関しての事前の情報が少ない場合が多いです。

・HPの過大広告に惹かれて、当日そのまま契約してしまった。

・人気がある脱毛サロンで、芸能人も通っているので安心していた。

・友達の紹介で通い始めたので、メリットしか確認していなかった。

など。

周囲で脱毛サロンへ通っている人が大勢いる場合は、皆と同じ店舗なら…という理由だけで決めてしまい、肌に赤み出やすく後悔したケースもあります。

脱毛は肌に直接施術を行うので、それぞれに異なる肌質も大切です。

脱毛時の肌トラブルは意外と多い?

脱毛施術時に肌トラブルが起きる場合も多く、強い痛みを感じたので肌見てみると、赤みが出て肌荒れしていた…という意見も多くありました。脱毛機器によっても使用時の強さや、アプローチ方法が異なるため皮膚の弱い人や、乾燥肌の人はよく確認しておきたい部分ですね。

脱毛サロンで行う光脱毛には、主に3タイプに分かれています。キセノンランプという光を使うIPL方式と、施術前に専用ジェルを塗ることで脱毛効果を高めるSSC脱毛、蓄熱式で毛にダメージを与えるSHR脱毛です。口コミを見ると以下のような肌トラブルがありました。

種類 肌トラブル事例
IPL方式 赤みが残り、脱毛時の痛みが数日続いた…など
SSC脱毛 脱毛時に使用するジェルを全身に何度も使い回ししていた…など
SHR脱毛 光を照射した後、熱がこもったような熱さを感じて痛かった…など

脱毛当日の体調や、肌質によっても痛みの感じ方は異なります。肌トラブルを避けるためにも痛みや、違和感がある時は我慢せずに担当者へ相談しましょう。

脱毛初心者が陥りやすい勧誘トラブル

脱毛を初めて行う人が陥りやすいトラブルには、肌トラブルの他にも当初の設定予算よりオーバーしてしまった…など契約時のトラブルもあります。長時間の勧誘や、ローン契約など取り締まりが厳しくなり、従来よりもしつこい勧誘を行う脱毛サロンは減少しました。

しかし希望外の脱毛プランの案内や、商品購入を強く勧める脱毛サロンのスタッフも存在します。脱毛サロンに通うのが初めてで、勧誘を断り切れるか自信がない人は、HPで勧誘は一切行っていないと記載している脱毛サロンを選ぶのも1つの選択です。

事前の予約状況の確認も大切

自己処理の必要がなくなる脱毛はメリットも多く、毎年夏前の時期にはどの店舗も予約で大変混み合います。『今なら間に合います』、『最短で脱毛出来ます』、という宣伝はとても魅力的ですが、1か月以上予約を入れられない時間帯もあります。サロンの予約状況や、初回予約以降も予約を入れやすいのか、申し込む前にしっかり確認しておくと、通いやすいですね。

お店で失敗しないポイント

脱毛サロンで案内をされると、お得なコースや割引などどんどん話が広がってしまうことも多いです。気がついた時には予定にない商品を購入してしまったり、希望以外の部分の脱毛コースを契約していまい、予算を大幅にオーバーしてしまったというケースもあります。そんな事態を避けるためにも事前に対策をしておきましょう。

自分の中で基準を明確にする

脱毛コースの案内や、商品の勧誘をされても必要がないとはっきり伝えることが大切です。迷ってしまうとどんどん契約プランの話が進んでしまうことがあるので、店舗に通う前にしっかりと自分の中での基準を確認してみましょう。

・脱毛の希望範囲

・予算の上限

・料金の支払い方法

など

未成年の場合は、家族(親権者)の了承も必要になるので、脱毛サロンに通い始めたい旨をしっかりと伝えておくことも大切です。

無料カウンセリングの活用

脱毛サロンによっては期間限定で、部分脱毛のお試しや無料カウンセリングを実施している店舗も多く、実際の施術や、店舗周囲の雰囲気を確認することが出来ます。脱毛が初めてで不安がある人や、口コミやHPの情報だけではわからない細かい部分が知りたい時にもお勧めです。不安な時は、その場で申し込みはせず、後日来店するという方法もあります。

まとめ

たくさんの店舗がある脱毛サロンを選ぶときは、1つに絞るのは難しい作業ですよね。しかし焦って決めてしまうと、上記のような脱毛トラブルに合ってしまう場合もあります。自分の肌質や、店内の雰囲気、店舗周囲のアクセスなど情報を集め、自分の希望としっかり比べるのが一番です。脱毛サロンは直接肌に触れたり、店内で着替えたりする場所でもあるので、リラックスできる安心感のある脱毛サロン選びたいですね。